頭部白癬(しらくも)という病気かも?フケと抜け毛で悩む症状と治療法

頭部白癬(しらくも)という病気かも?フケと抜け毛で悩む症状と治療法

女性にとって髪や頭皮のトラブルは深刻な悩みですね。
毎日シャンプーをして清潔にしているのに、フケ・痒みが酷く抜け毛が多い。ブラッシングでも簡単に抜けてしまう…皮膚病かもしれないと疑ってはいるけれど、まだ病院には行けていない方に。

フケや脱毛が見られる頭部白癬(しらくも)についてと、どんな対処法があるのかをまとめました。
適切な対処で、一日も早く健やかな髪と頭皮を取り戻し、はつらつとした毎日をお過ごしください。

 

頭部白癬(しらくも)の症状

頭部白癬(しらくも)は頭皮の水虫です。
原因の、皮膚糸状菌である白癬菌が頭皮に感染すると大量のフケと痒みが発生し、さらに症状が進むと脱毛が起こる感染症です。
子供がかかる皮膚病と思われていますが、近年は大人にも多く見られ、今や5人に1人は感染しているとも言われるほどです。

白癬菌は、陰部に感染すると「いんきんたむし」、体に感染すると「ぜにたむし」、足や爪に感染すると「水虫」と呼び名が変わります。

 

頭部白癬の初期症状

頭部白癬の初期症状は、下記のような症状が挙げられます。

当てはまるものがあるかどうか、1つずつ確認をしてみてください。

  • 毎日入念にシャンプーしても、フケが多く痒みもあり、なかなか改善しない。
  • 髪が折れたり切れたりしやすく、ブラッシングで簡単に抜けてしまう。
  • 頭皮に白い斑点や、白っぽく乾いたかさぶたができ、ボロボロと剥がれ落ちる(落屑)
  • 少し症状が進むと脱毛が起きる
  • 円形脱毛症のような脱毛斑ができ、切れて抜け残った髪の根元が黒い点のように見える。

他に、強いかゆみを引き起こすものには「ケジラミ症」があり、吸血性昆虫が陰部に寄生して起きますが、まれに脇などの体毛や頭髪に寄生することがあります。

 

頭部白癬とフケ症の見分け方

フケが大量に出るので「ふけ症」と間違えられますが、決定的な違いは脱毛が起こることです。
頭部白癬には、円形の境界面がはっきりとわかる脱毛斑が見られます。

一方、「ふけ症」には脱毛は見られず、フケの状態が乾燥しているか、ベタベタと脂っぽいかで2つのタイプにわかれ、それぞれ原因や対処法が変わります。

 

頭部白癬と円形脱毛症の見分け方

円形状の脱毛を伴うことから、「円形脱毛症」と混同されますが、大きな違いはフケの量です。
通常フケは、新陳代謝によって誰にでも生じますが、頭部白癬では、明らかに大量のフケが出る点が違います。
脱毛部分にも違いがあり、頭部白癬は皮膚の落屑や、髪が黒い点状に抜け残っているのが見られます。

一方、「円形脱毛症」ではそのような痕跡は見られず、髪を軽く引っ張っただけで痛みもなく脱毛し、初期症状があまりなく、気が付くと脱毛していたということが多いです。
原因は、免疫機能の異常やストレスなどが関わると言われています。
この他、部分的な脱毛を起こすものに「牽引性脱毛症」がありますが、これは毛根に負荷のかかるヘアスタイルや血行不良が原因と言われています。

 

頭部白癬と脂漏性皮膚炎の見分け方

フケや痒みを伴う他の病症に「脂漏性皮膚炎」があります。
過剰に分泌した皮脂に、皮膚常在菌であるマラセチア菌が異常に繁殖して引き起こされます。
頭皮や顔、耳の後ろなど皮脂の分泌が多い部分に、赤みや痒みといった炎症を伴う脂漏性湿疹が生じ、脂っぽくベタベタした大きなフケの塊が髪の根元に多く付着しているのが見られます。

頭部白癬は、皮膚の落屑を含む乾いたフケである点が見分けるポイントになります。

 

症状が悪化するとどうなる?

フケや抜け毛が多くても、そのうち治るだろうとほっておいたり、誤った自己診断や治療で悪化させてしまうことがあります。
頭部白癬は、菌を死滅させ完全に追い出してしまわなければ完治しません。

安易なステイド薬の塗布で患部が化膿すると、膿疱を伴い脱毛が広範囲に広がる「ケルズス禿瘡症」に進行します。
また、白癬菌が毛穴から体内深くに侵入すると、リンパが腫れて結節ができたり、発熱することもあります。

 

頭部白癬(しらくも)の原因とその感染経路とは…?

白癬菌は屋内外を問わずどこにでもいるありふれた菌です。
屋内の床だけでなく、たとえば田んぼ、砂浜、動物を飼育している場所などにもいます。
私たちの体表にも付着していますが、通常は免疫力や健康な皮膚のバリア機能の働き、また入浴などで清潔を保つことで菌の増殖は抑えられ発症にまでは至りません。
ですが、高温多湿で皮膚が蒸れやすい状況下では菌は非常に繁殖しやすくなります。

 

頭部白癬(しらくも)の原因

白癬菌は水虫菌とも呼ばれるカビの一種です。
高温多湿を好み、皮膚角質層の成分であるケラチンを栄養源にするので、汗などで蒸れた頭皮と、栄養となる髪(ケラチン蛋白質)が揃っていることは絶好の繁殖条件になります。
帽子やヘルメットをよく被っていたり、汗などで濡れた髪をそのままにしておくと感染しやすくなります。

この他、ペットなどの動物が保菌しているのに気づかず触れ合ったり、自身や家族などが水虫を患っている場合も感染の原因となります。

 

頭部白癬の感染経路

白癬菌には何種類かあり、中でもミクロスポルム・カーニス(犬小胞子菌)やトリコフィートン・トンスランス(トンスランス菌)は感染力が強いと言われます。

ミクロスポルム・カーニスは輸入されたペットや動物から広がったとされていて、近年のペットブームにより人への感染、特に大人や女性の患者が増えています。

トンスランス菌は海外からの格闘技選手から広がったとされています。
柔道やレスリングなど、過度な皮膚の接触や競技場のマットなどを介して感染が広がりやすく、また皮膚表面が傷つくと感染・進行が進みやすいといった問題もあります。

頭部白癬は、帽子やヘルメットの使いまわしや、ブラシや櫛を共用することで感染が広がります。
また自身や家族に水虫の感染者がいると、気づかないうちに手が汚染され、頭皮に触れることで感染します。

 

頭部白癬(しらくも)の対処法

では、頭部白癬にどう対処すればいいのでしょう?
異常に気が付いたら、早めに専門医を受診することをお勧めします。

市販の足用水虫薬などで自己流の治療をすると、たとえ一時的に改善が見られても根治治療にはならず、かえって悪化・長期化させてしまいます。
他の人に感染を広げないためにも、適切な対処が重要です。

頭部白癬の治療

皮膚科を受診しましょう。
女性専用の外来を設けている所もあるようですから、受診をためらっている方はお近くで探してみてください。

検査は、患部の毛を引き抜き、KOH溶液やズームブルーを用いて顕微鏡検査し、白癬菌が毛髪や毛穴に認められたら診断が確定します。
ステロイドで様子を見ようと医師に言われた場合でも、菌の有無を検査してもらえるよう頼んでみることは必要です。
病症に合わないステロイドの使用が、重症化を招くことがあるからです。
治療は、抗真菌剤の外用薬(塗り薬)を使いますが、菌は毛穴の奥で繁殖するので、内服薬(飲み薬)も併用して効果を高めます。
代表的な内服薬にはテルビナフィンやイトラコナゾールがあり、症状が治まった後もしばらく続けて服用することがあります。
皮膚が化膿し膿疱が見られる場合は、排膿を妨げるので外用薬は使えず内服薬で対応します。

個人差がありますが、治療期間は2~4カ月程度かかります。
再発防止のため感染した毛髪がすべて抜け落ち、白癬菌がいなくなるまで治療を継続する必要があります。

頭部白癬の再発を防止するためにできること

心配な症状がようやく治まれば、もう再発させたくないですね。
再発防止に、自身でできることをまとめました。

  • 生活環境を清潔に、菌が繁殖しにくい状態を保つこと
    枕カバーや肌に触れるものの洗濯、掃除をこまめにし、風通しよく湿気が溜まらないように気をつけます
  • 肌の健康は、心身の健康と深く関わっています
    食生活や生活習慣を調え、ストレスを溜めないことが大切です
  • 家族やペットの感染の有無を検査し、必要な治療を行うこと
    感染経路や原因を探り、対処しなければいけません
  • 頭皮と髪を健やかに保つこと
    汗や湿気をそのままにしないよう気をつけましょう
  • 頭皮は手足などに比べ、薄くデリケートで傷つきやすいので手入れは適切に

毎日のシャンプーは肌への刺激が少ないものを使い、優しく丁寧に行いましょう。
但し、一般的なシャンプーでは白癬菌を殺菌することができません。
特に再発防止のためには、抗真菌シャンプーの継続的な使用をお勧めします。

持田ヘルスケアのコラージュフルフルネクストをご存知ですか?
市販されているシャンプー・リンスの中で唯一、抗菌効果が認められています。
白癬菌はもちろん、マラセチア菌、アクネ菌といった皮膚常在菌の増殖を抑えるミコナゾール硝酸塩(抗真菌成分)が配合されていて、確かな効果が立証されています。
多くの医療や介護の現場で使用され、推奨されていますので安心して使用できますね。


 

女性育毛剤ランキング内、人気の記事トップ3!

薬用ハリモアの口コミ

30代後半~40代前半女性に人気!スプレータイプで使いすぎを防げます。成分も含めて徹底レビュー!

ベルタ育毛剤の口コミ

秋野暢子さんも愛用するベルタ育毛剤。育毛剤に加え頭皮クレンジングのレビューもありますよ!

マイナチュレの口コミ

女性用育毛剤の王道!動物性成分なしの無添加育毛剤です。レビューや他育毛剤との比較もアリ!