高齢出産での産後の抜け毛対策。早く止めたい!

c8f4968498b30c02209d5a3da9047bff_s

妊娠後期から、出産後の抜け毛が気になって仕方がないあなた。

なぜこんなにも髪の毛が抜けてしまうのか、そして待てど待てど生えてこない髪の毛。

一体、私の何が原因で、どうすれば妊娠前の髪に戻れるのか?

特に高齢出産で加齢も気になるあなたに産後の抜け毛対策を紹介します。

 

なぜ出産後は抜け毛になるのか?

エストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンの名前、聞いたことはありませんか?

究極のデトックスとも言われる出産を終えた女性の体ではこのホルモンが急激に低下することで様々な変化が起こります。

子育てに仕事にもっと明るく取り組んで行くために、まずはホルモンの働きと産後抜け毛の仕組みを見ていきましょう。

 

妊娠と共に女性ホルモンが増えていき臨月手前でピーク

女性の一生に大きく関わる二つのホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)は、それぞれ妊娠の周期に合わせ入れ替わるように増えたり減ったりします。

妊娠前期でプロゲステロンがより活発に作り出されるようになると、赤ちゃんが育つ子宮内のの環境が徐々に整えられていく反面、自律神経の乱れを引き起こし、時に感情の起伏を激しくします。

妊娠を経験した女性なら、急に焦りの気持ちが出てきてイライラ、何気ないテレビの一コマに涙が溢れる、まるでジェットコースターのように気分が変わるこんな思いをした方も少なくないでしょう。

この現象もまたこの時期特有のホルモンの作用と言えます。

エストロゲンの分泌も、産まれてくる赤ちゃんのため十分な栄養を蓄えるのに重要な役割を持っていますが、その一種エストラジオ―ルの分泌量を数値でみてみると、妊娠の前期と後期では何倍にも増えていることがわかります。

◆エストラジオールの量の変化

妊娠前期:2300~7400 pg/ml
妊娠中期:9700~18400 pg/ml  
妊娠後期:16500~32400 pg/ml

また胎盤がある程度の大きさになってくると、二つのホルモンはその胎盤の中で盛んに作られるようになります。

図に示すと、互いに出産のギリギリまで出続けているのがわかりますね。

そしてこの胎盤内で起こる変化が産後の抜け毛と大きく関わってくるのです。

妊娠中のホルモン変化

 

女性ホルモン量の低下と共に出産

臨月間近になると、女性の体の中では出産に向けての準備が始まります。

それはこれ以上妊娠を継続する必要がなくなったという体のサインでもあります。

いわゆる前駆陣痛といわれるものですが、あの痛みの裏にも女性の身体ならではの仕組みが隠されているようです。

 

前駆陣痛のメカニズム

前駆陣痛は、本番の出産に向けての助走のようなもの。妊娠後期に入ったらそのタイミングがいつやってきてもおかしくない状態になります。

胎盤にたっぷり溜ったホルモンを、今度は少しずつ外に出すことで、赤ちゃんが生まれてきやすいよう子宮の出口を柔らかくしているのだそうです。

これが前駆陣痛の仕組み。

本当に母体の力って不思議、ただ痛いだけではなかったんですね。

そしていよいよ赤ちゃんに出会える、あの瞬間がやってくるのです。

ホルモン量の急激な変動が及ぼす影響

出産ギリギリまで盛んに分泌され続けたエストロゲンとプロゲステロンは、赤ちゃんとの出会いを経て胎盤と共に外に出されます。

一体どのくらい女性ホルモンの量が変動するのか、先ほどのエストラジオールの量でみると、通常の月経周期の排卵期:120~390 pg/mlに対して、妊娠後期では、16500~32400 pg/mlであるとかなりの差であることがわかります。

このホルモンの急激な増減は、母体の心と身体に大きく影響し、次第に抜け毛の悩みと結びついていきます。

ヘアサイクルが元に戻るための一時的に抜け毛になる

私たち人間の髪は、日常生活をしている中でも一日に50~80本が抜けているといわれています。

ブラッシングやシャンプー時に感じることはあるものの、髪の量が一人平均10万本といいますから、その中の50本が抜けたとしてもあまり気にならないのはおわかりでしょう。

それが徐々に悩みの種となってしまう理由を紐解いてみたいと思います。

ホルモンの隠された役割

ホルモンの変動と抜け毛、関連があるのは分かっても、なぜ二つのホルモンが減ったことで髪が抜けてしまうのか、まだ疑問は残りますね。

一役終えて体外に出されたエストロゲンとプロゲステロン、実は妊娠期を支えると同時に髪の毛の成長を促したり、育毛を維持したりする働きもあったんです。

髪の毛が生まれ変わるサイクル

髪の毛には、もともと成長期→退行期→休止期という生まれ変わりのヘアサイクルがあります。

イラストを参考にしながら見てみましょう。

通常の女性のヘアサイクル

妊娠中、この成長期を維持し続けていたのは正にホルモンのなせる業でした。

ではそのホルモンが大量に流れ出たとしたらどうでしょう!?

髪のサイクルも大きく乱れ、多くの髪の毛の成長期が途中で終わり、退行期へと突入。 

となると、妊娠中に抜けていてもよかったはずの髪まで一気に抜けてしまうんです。

産後の女性のヘアサイクル

究極のデトックスとは言っても産後ママの気力体力、そして大切な髪までも一気に流し去ってしまうとは、恐るべしホルモンの作用。

今度は、「一体いつになったら髪が生えてくるの?」という言葉が聞こえてきそうですね。

もう一度図を見てください。

ゴッソリと抜ける状態=休止期、の期間は通常およそ3~4ヶ月。

しかも、そこから運良く新しい髪が生えてきたとして、1日に0.3~0.5ミリ、1カ月で約1.2センチほどのスピードで伸びるため、ざっくり考えても1年は期間が必要になりそうです。

1年では約15センチしか伸びないというのが定説ですから、1年経ってもまだ薄いと感じる人がいてもおかしくはないのです。

どうやら時間はかかるけれど、生えてはきそう・・!?

でも個人差があるならその理由も知りたいですよね。次はその理由を探ってみましょう。

産後の薄毛がなかなか改善されない理由

赤ちゃんが産まれるとママは24時間とても忙しく、自分のことは二の次ということもしばしば。

当然、生活習慣は乱れがちになります。

抜け毛の回復には、この生活習慣の乱れが深く関係してくるようです。

睡眠不足で代謝が進まない

ママの髪が休止期にある頃は、赤ちゃんのお世話がもっとも大変な時期ではないでしょうか?

2~3時間おきの授乳やオムツの取替。

ましてや家事の手助けをしてくれる誰かがいない環境だとしたら!?自分の食事や睡眠すらままなりませんね。

睡眠は様々な体の疲れをリセットし、新たな細胞の生まれ変わりを助けてくれるもの。

産後の身体を一日も早く回復させたいママにとっては尚更必要な事ですね。

ゴールデンタイムをご存じですか?

夜の10時から午前2時がそれにあたり、体の中で成長ホルモンが活発に分泌される時間帯です。

この時間に十分な睡眠がとれれば、身体だけでなく髪も少しずつ回復のペースを上げてくれるのに・・。

決まった時間に眠れないのでは体が元気を取り戻すのにも時間がかかり、結果的に髪を再生させるパワーも落ちてしまいます。

そんな毎日を繰り返すうち、ママの心にはまた新たな変化が現れます。

ストレスで女性ホルモン分泌が乱れる

不規則な生活が続くことは、産後ママにとっての大きなストレスでもあります。

そしてやり場のないストレスを抱え続ける子育てほど辛いものはありません。

次はストレスがホルモンに与える影響についてお話ししたいと思います。

ママの心が泣いている時

今の自分をサポートしてくれる誰かがいたら、少しは楽になるかな!?

自分の育児、間違ってない!?

初めての育児だからこその悩みや不安が次々と湧いてくることはありませんか?

そして、以前はこんな自分じゃなかった、全てが揃うパーフェクトな環境は無理でもなんとかしたい、でもどうすればいいかわからないというジレンマに陥ることもあるでしょう。

涙が溢れても、どうか自分を責めないで下さい。

物理的な問題だけでなく、ママの心を悲しくさせているのはホルモンの作用によるものが多いからです。

慢性的なストレス状態の影響

日々の忙しさに加え、ママを取り巻く慢性的なストレス状態は、さらにこんな悪影響も及ぼします。

人はストレスを感じると、脳の指令によってそれに対抗しようと働くホルモンが分泌されます。

「コルチゾール」と呼ばれ、他のホルモンとのバランスを保とうと必死で働きます。

ところが、まだまだ不安定な状態にある産後の体の中では、盛んに分泌されたコルチゾールが優位に立ち過ぎることで、女性ホルモンの分泌を減らしてしまうという弊害があります。

さらに過度なストレスや睡眠不足により、ホルモンの分泌を促す視床下部という脳の指令塔そのものを乱してしまい、結果的には髪の成長と維持に必要なエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンにも影響を与えることがわかっています。

栄養不足で髪が成長しない

アニメの世界みたいに自分の分身が手助けしてくれたらいいのに…!?

赤ちゃんのために必死なときのママは空腹すら感じる暇もないのではないでしょうか。

でもちょっと待ってください。

空腹を忘れている間も、体の中では少ない栄養分が必死に働いているのです。それは大切なママの身体を守るためとも言えます。

中にはそれを逆手に取って、無理な産後ダイエットをしている人がいるかもしれませんね。

ゆっくり食事のテーブルに着く暇もない産後は、鉄分、カルシウム、タンパク質などの栄養素が不足しがち。

特にタンパク質不足は妊娠中毒症などの病気を発症させる原因にもなります。

あなたが外からの栄養を適度にとらない状態が続けば、当然、抜け毛を回復させるための栄養分まで使い切ってしまいます。

高齢出産のあなたにオススメ抜け毛対策

様々なストレスと闘いながら育児を頑張っているママへ、毎日の生活の中で取り入れることができそうな抜け毛対策のヒントをお教えしたいと思います。

でもその前に、あなたの頭皮が今、どんな状態にあるのかにも触れておきましょう。

産後の頭皮の状況

手で掻き上げるだけで髪が抜ける、気付けば家の至る所で自分の抜け毛と対面する。

鏡を見ては頼りない頭の毛に目が行ってしまうのではないでしょうか。

ホルモンの変動により皮膚のバリア機能も低下した頭皮の状態は、かなりデリケートで皮脂のバランスも崩れがちになります。

乾燥気味ならちょっとした刺激から赤みや湿疹が出たり、オイリーに傾けば雑菌などが繁殖しやすく痒みやフケが出るなど、とても不安定です。

一日も早く新しい髪が生まれてくるように、この頭皮環境を整えることも重要。

手始めに毎日のシャンプーから変えてみてはどうでしょうか?

シャンプーを代える

女性の体全般に様々な作用をするエストロゲンというホルモン、本来肌の乾燥を防ぐ役割も担っているのですが、その力が低下した産後は頭皮がより乾燥傾向になります。

頭皮を少しでも清潔に保とうとする余り、ついつい洗浄力の高いシャンプーを選びがち。

ですが、乾燥した頭皮に洗浄力や脱脂力の強いシャンプーを使ったら、バリア機能はますます低下して、抜け毛や肌荒れなどをさらに悪化させることに繋がります。

シャンプーを選ぶうえで避けた方が良い成分

一般に石油系、高級アルコール系の界面活性剤成分を含んだシャンプーは高い洗浄力や脱脂力があります。

界面活性剤というのは汚れを吸着する力で、元となる原料には石油や動物・植物由来の油脂などが使われています。

さすがに最近では人体への危険性から石油系のシャンプーはほぼ製造されなくなったようですが、高級アルコール系、いわゆる硫酸系のシャンプーは強力な洗浄力を持ち、価格を安くできることから多く流通しています。

成分表示にラウリル硫酸Naなど硫酸の文字が使われていないか注意して見てください。

また、髪にツヤを出してくれるシリコンも元は人工的に作られた化学物質。

毎日のシャンプーで使い続けると、毛穴づまりや湿疹・痒みなどの肌トラブルが起こりやすいと言えます。

硫酸系、シリコンなどのほかにも
• ベヘントリモニウムクロリド
• ステアルトリモニウムクロリド
• セトリモニウムクロリド
といった成分は健康な頭皮環境と髪の毛の為に避けた方がよさそうです。

産後の抜け毛におすすめのシャンプー

丈夫な髪が生えてくれるようするためには、よりリスクの少ないシャンプー選びが必要なのはわかったけれど何を選べばいいの?どこで買える?

本当はサポートして欲しいお風呂の時間、パパの手が借りられないから1本でケアできるものがあれば…。

そんな声のためにおススメのシャンプーがあります。

無添加処方のマイナチュレシャンプー

まずは無添加、アミノ酸系の「マイナチュレ」。植物由来の安定した成分で作られています。

また商品の安全性だけでなく、送られてくるパッケージにも「育毛剤」などの文字が他人の目に触れないよう配慮がされています。

家族にも知られたくない、そんな時でも安心ですね。
→マイナチュレシャンプーの詳細はこちら

ポンプ式で使いやすいharuシャンプー

二つめは「haru 黒髪スカルプ・プロ シャンプー」。

こちらはイラスト入りの容器がかわいくて思わずホッコリしそうです。

しかもharu 黒髪スカルプ・プロ シャンプーは、容量が多くて安定したポンプ式。

片手でラクに押し出せるから、ママが一人で赤ちゃんをお風呂に入れるときも使い勝手がいいんですよ。

柔らかな柑橘系の香りがするので、ちょっとしたアロマテラピー効果もありそうです。
→haru 黒髪スカルプ・プロ シャンプーの詳細はこちら

香りに敏感なママさんには、無香料タイプのuruotteをおすすめ

妊娠中のつわりを経験し、匂いに対してちょっと敏感になっているという方にも使ってほしいから、無香料・無添加のアミノ酸系シャンプーuruotteもおススメ。

無香料タイプは赤ちゃんも使用できて時短にもなるから1本で本当に便利なんです。
→uruotteの詳細はこちら

育毛剤を使う

また、頭皮に良いシャンプーを使うなら、その後のアプローチとして育毛剤も合わせて使ってみてはどうでしょう。

育毛剤はシャンプーと違い基本的に無香料のものが多いので匂いに敏感なママでも安心して使えるはず。

そして頭皮からとはいえ皮膚を通して体の中に浸透させるものですから無添加のものをおススメします。

ちなみに無添加というのは、着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、パラベン、合成ポリマー(シリコン)、動物性原料、酸化防止剤、合成香料などを含まない製品ということ。

授乳中であることも考慮して配合成分はくれぐれもご確認を。

マイナチュレ育毛剤

マイナチュレ育毛剤は、女性用育毛剤としてロングセラーの無添加育毛剤です。
植物成分と海藻成分をメインに配合していて、さらっとした使い心地。
無香料なので、妊娠~産後で匂いに敏感になってしまった女性でも、不快な思いをすることなく使うことができます。
定期コースなら、初回980円(税別)で購入でき、180日間の全額返金保証もついてきます。

定期コースってなんだか面倒な気もしますけど、赤ちゃんのお世話と旦那さんのお世話(苦笑)で、自分のことは後回しになってしまいがち。
そうなると毎回注文すること自体忘れて、続けられなくなってしまいます。
育毛剤は毎日使ってこそ効果が実感できるものなので、産後は特に定期コースは助かるんですよね。

→マイナチュレ育毛剤の詳細はこちら
→当サイトのマイナチュレ育毛剤を使ってレビューした記事はこちら

エンジェルリリアンプラス

エンジェルリリアンプラスは二人のお子さんのママが開発し、高い保湿効果に優れています。

初回購入は2,980円(税別)とお手頃な値段も魅力です。

→エンジェルリリアンプラスの詳細はこちら
→当サイトのエンジェルリリアンプラスについての記事はこちら

レフィーネナノビア

最後に1つおまけとして、レフィーネナノビアと言う育毛剤もご紹介します。
レフィーネ ナノビアは育毛剤以外の毛髪ケア商品も充実しているんです。

植物成分がメインで、有効成分の他に白髪予防効果があると言われるホップエキスも配合されています。

低エタノール処方で特に敏感肌の方でも安心の低刺激をコンセプトに作られています。

→レフィーネナノビアの詳細はこちら
→当サイトのレフィーネナノビアについての記事はこちら

少し前までアンジュレと言う産後専用育毛剤もありましたが、現在は販売が終了しています。

そうそう、産後の抜け毛に使える育毛剤としてベルタ育毛剤も有名で、良いと言う声も多いです。
ですが、ベルタ育毛剤は、動物性原料であるプラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンを配合しています。
動物性成分は保湿効果が高いとされていますが、産後だからこそ、余計な成分が入っていない、無添加育毛剤を使うのが良いと思うんです。
ですので、ベルタ育毛剤はここでは強く推していません。
ベルタ育毛剤が気になる方は、こちらからどうぞ。
→ベルタ育毛剤の詳細はこちら
→当サイトのベルタ育毛剤の体験レビュー記事はこちら

育毛剤はどれくらいの期間を目安に使うべき?

産後の抜け毛対策を謳った育毛剤のほとんどは、最低でも三ヶ月以上継続しての使用を薦めていますが、悩みを抱えているママならきっと試してみたいと思うはず。

だからこそそれに見合った価格であるか、万が一トラブルが起こった場合の返金保証の有無、日々成長する赤ちゃんが誤飲する危険性のない容器の形状であるか、などを調べておくことも選び方のポイントにするといいでしょう。

各公式サイトには先輩ママたちの体験談も多く掲載されています。

一度参考にしてみるのもいいですね。

栄養補給

母親としてだけでなく女性として外見的な輝きを取り戻すために、バランスの取れた栄養が必要だと理屈では分かっていても、もっと具体的に何をどう調理し、食べればいいのかわからない。

むしろ考える余裕すらないというのがママの本音かもしれません。

そこでシャンプーや育毛剤など外からのアプローチに加えて、ある程度短期間のうちに髪の再生・回復を求めるため有効な方法のひとつをご紹介したいと思います。

髪の毛のために積極的に摂りたい栄養素

突然ですが、髪の毛を燃やすと独特の硫黄のようなにおいがするといいます。

その理由をご存じでしょうか?

このにおいの元は、髪の毛の99%を占める「ケラチン」というタンパク質の中に含まれるアミノ酸でシスチンという物質。

ケラチンは実に約18種類ものアミノ酸が合わさってできているのですが、その18種類のアミノ酸の中で最も多いのが硫黄分を含んだシスチン。

そのために髪が焼けると硫黄の臭いがするのです。

健やかな髪とケラチンは切り離すことができませんが、体内でこれを作り出すのにはちょっと複雑なタンパク質合成というものが関わってくるようです。

タンパク質合成の順を追えばこうなります。

タンパク質を摂取すると一旦体内でアミノ酸に分解される→新たに合成されたタンパク質から髪の為に必要なケラチンが作られるという仕組み。

そしてさらにこの過程でビタミンB群、ケラチンを再合成するため、特にビタミンB6をサポートする亜鉛も必要となります。

とっても複雑ですね。

こんなに複雑なタンパク質合成の元となる栄養をすべて食事から補うことはもっと難しいような感じがしてきます。
では髪に必要な栄養素をより確実に、複合的に摂り入れる方法としてサプリメントの利用を考えてみてはどうでしょうか?

シスチンやビタミンB群、亜鉛など、髪に必要な栄養を手軽に摂取できるアドカペリ

アドカペリは、髪の生まれ変わりには欠かせない亜鉛が入ったサプリメント。

亜鉛は、新陳代謝に必要な酵素をサポートし、ケラチン再合成にも関わるミネラルの一つですが、髪が伸びていく過程で起こる毛母細胞の分裂にも重要な役割をしています。

このほか18種のアミノ酸すべてを含有し、中でもシスチンを多く含む卵角膜、ビタミンB2、B6、など髪に必要な栄養分がバランスよく配合されています。

内と外、自分でできる改善策の一つとして考えてみてもいいのでは!?
→アドカペリの詳細はこちら

少しでも早く産後の抜け毛、薄毛を解消したい

日々の心がけ、自分なりの努力もしてみたあなた、産後の様々な変化の中で起こる抜け毛は、やはり自然現象とのんびり構えることができるでしょうか?

母として赤ちゃんを守り育てるのと同じくらい大切に、社会の一員として再び働くことを望まれているなら、一度、産後抜け毛の専門クリニックを訪ねてみるのはどうでしょう?

産後の抜け毛は産後脱毛症(分娩脱毛症)と言う医学名がある

医学的にいうと産後の抜け毛は、産後脱毛症(分娩脱毛症)という名前がついています。

それは一概に一般的なもの、自然現象と言い切れない側面があるからです。

例えば高齢出産など少なからずリスキーな要素を持っているなら、抜け毛に限らずもっと総合的に診断を受けられる医療機関を受診することが、かえって近道かもしれません。

血液検査を受ければ、抜け毛の根本的な原因を突き止めることができ、適切なお薬による治療を受けることが可能なのです。

授乳の状態などを考慮して処方されるお薬ではパントガールを用いるケースが最も有名です。

産後の抜け毛に効果を発揮するパントガール

パントガールは、これまで男性用しかなかった飲む育毛剤として、特に産後脱毛症の治療に効果が認められるお薬です。

これまで女性の治療法は薬剤を頭皮へ直接注入する方法が主だったことから、このパントガールの登場は大変画期的といわれると同時に、費用を抑えた治療が可能になりました。

パントガールには髪の育成に必要とされる、特殊な構造のアミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群などが配合されており、髪の成長を促して薄毛を治療するだけでなく、髪質も改善されます。

臨床試験では3ヶ月間継続使用した70%以上の人の抜け毛が減少、さらに20%の人では抜け毛が全く見られないほど改善したという報告がされています。

また心配される副作用がないというのもこの治療をおススメする理由の一つです。

パントガールの料金や相場について

パンドガールの相場は1ヶ月分7,000円~15,000円ほどですが、取り扱うクリニックによってかなり差があるのも事実です。

個人輸入も可能ではありますが、自己判断での服用はせず、きちんと医師の診断のもと、使用されるのがいいでしょう。

費用的には6000円くらいから購入できるようですが、輸入の場合は為替相場の変動で、かえってクリニックの処方より高くなることもありますので、やはりおすすめはできません。

まずは相談無料で女性のドクターがいる女性専用頭髪専門医院に行ってみましょう。

相談無料・女性ドクターがいる女性専用頭髪専門医院

無料で相談ができる頭髪専門医がいる外来を開設しているクリニックとセールスポイントをいくつか紹介しますので、参考にして下さい。

もちろん相談だけでも受診は可能です。

定額の支払いが嬉しいヘアメディカルビューティー

診療ごとの料金が嵩むことも医療機関の受診を控える理由の一つかもしれません。

そういった声から、こちらのヘアメディカルビューティーでは診察料や頭部撮影、血圧測定、処方箋代を含めた料金が月額15,000円~30,000円前後の定額制となっているので、支払いの不安なく受診することができるでしょう。

もちろんメンタルケアを含めた総合的な治療を受けられることも魅力です。
→ヘアメディカルビューティーの詳細はこちら

パントガールを安く処方してもらえる東京ビューティークリニック

パントガールの相場は1~1.5万円ですが、それよりもかなり安い初回7,000円、2回目以降は8,000円で処方してくれるのがこの東京ビューティークリニックです。

また初回の毛髪・育毛体験診断が無料で受けられたり、その後の血液検査2回分の費用(2万円)を負担してくれるキャンペーンも行っているなど、より受診しやすい窓口が設けられています。

全国に提携院があるのも、行きやすいて良いですね。
→東京ビューティークリニックの詳細はこちら

 

年齢を重ねてくると、自分の症状に合った信頼のおけるドクター選びも大切です。

産後の辛い今だからこそ勇気を出して一歩踏み出してみませんか?総合的に適切なケアをしてくことで、あなたの髪は元気を取り戻します。

やっと出会えた新しい命のために、ママとしてさらに輝いて下さい。

女性育毛剤ランキング内、人気の記事トップ3!

薬用ハリモアの口コミ

30代後半~40代前半女性に人気!スプレータイプで使いすぎを防げます。成分も含めて徹底レビュー!

ベルタ育毛剤の口コミ

秋野暢子さんも愛用するベルタ育毛剤。育毛剤に加え頭皮クレンジングのレビューもありますよ!

マイナチュレの口コミ

女性用育毛剤の王道!動物性成分なしの無添加育毛剤です。レビューや他育毛剤との比較もアリ!