頭皮の血行不良で抜け毛をこれ以上増やさないためにできること

OMG151007420I9A8958_TP_V

年齢とともに、なんとなく抜け毛って増えてきますよね。
ある時、自分の抜け毛の原因が、堅くなった頭皮から生じる血行不良かもと思って、調べたんです。
そしたら、調べて行けば行くほど、その思いは確信となって行きました。
もう一度、若い頃の柔らかい頭皮と血行を取り戻したいという思いで調べたことを共有させてください。

 

そもそも血液と抜け毛の関係とは?

加齢により髪質が変わるというのも、女性には深刻な悩みですよね。
漢方では髪を血余(けつよ)と呼び「髪は血が余って出来る物」されていて、血が足りないと髪の色艶が悪くなると言われているくらいに、深い関わりがあります。
血液と抜け毛の関係について、詳しく説明しましょう。

 

毛根・毛乳頭に栄養が行き渡りにくくなると抜け毛の原因になります

髪の毛は爪と同様にアミノ酸(タンパク質)からできていて、毛髪の成長にも栄養は欠かせません。
人間の全身すみずみの細胞には、血液から栄養が供給されています。

毛髪も細胞の集合体なので栄養不足の状態では、成長が止まってしまったり、細い弱い髪質に変わったりしてしまいます。
毛髪の発毛や成長・脱毛を司る毛乳頭に栄養が届きにくくなると、毛母細胞への成長指令が届かなくなり、発毛が鈍くなり成長をストップし、そのうち脱毛して抜けてしまったりします。
生え際や頭頂部が薄くなりやすいのは、側頭部よりも血管が細く血流量も少ないので、毛根が栄養不足に陥りがちなためです。

 

毛髪の発毛に重要な成長因子(グロースファクター)も血液で運ばれます

最新の発毛治療などで注目されている成長因子(KGF、FGF‐7、HGF、IGFなど)も、頭皮の細胞には血液を通じて運ばれます。

新しい細胞が作られるためには細胞分裂を司る成長因子が必要で、毛髪の成長期にも重要な役割をもっています。
細胞分裂を活発にして新陳代謝を促進し、抗酸化作用により活性酸素を抑制したりするため、アンチエイジング的にも注目されているのです。

成長因子は体内で作られる成分ですが、加齢とともに生産量が減少し、老化現象を引き起こす要因となります。
血行が悪くなることで、ただでさえ減少気味の成長因子がスムーズに末端の細胞まで運搬されにくくなってしまうと、どうしても発毛や育毛には悪影響となってしまいます。

 

老化の原因でもある活性酸素が、血流を阻害します

加齢により活性酸素が増えると、動脈硬化や高脂血症など血液ドロドロを促進して血流を悪化させることになり、栄養も、成長因子も、毛乳頭・毛母細胞に届きにくくなってしまいます。
年齢とともに頭皮が固くなり頭皮の毛細血管の血流が悪くなると、抜け毛だけでなく、髪の毛の艶が悪くなったり、うねったりして髪質も変わって老化を実感してきます。
頭皮のかゆみや毛量減少・髪質の変化など、髪の毛の老化現象にも活性酸素が大きく関係しているのです。

 

血行不良の原因ってどんなこと?

抜け毛や薄毛を引き起こす頭皮の血行不良の原因について、生活習慣の面を重点的にまとめてみました。

 

運動不足による血流の停滞

意識して運動している人は血行不良になりにくく、まったく運動をしていない人は冷えなど血行不良の場合が多いとされています。
全身の筋肉は、心臓から運搬された血液を心臓へ送り返すという「ポンプ機能」を担っています。
血液の循環をスムーズ行うために、筋肉が重要な静脈のポンプとなりますが、運動不足では筋肉量が低下してしまい血液を運べなくなるのです。

頭皮は身体の末端でもあり、頭皮には筋肉がありませんので血液が滞りやすい場所とも言えます。
年齢とともに頭皮が固くなっているような場合は、特に頭皮マッサージなどで積極的に頭皮をほぐして血行改善を心がけるなど、頭皮ケアする必要があるのです。

 

ストレスから自律神経バランスの乱れによる血行不良

頭皮の血行が悪くなる原因として、代表的なのは「ストレス過多」と言われています。
過度なストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位となる状態が続き、循環器系の働きが狂います。

特に副交感神経の働きが鈍くなって緊張状態が続くことになると、全身の血管を収縮させてしまい、血流が悪化してしまうのです。
頭は特に身体の中で高い位置にあるので、重力の影響で血が届き難く、頭皮も血行不良になりやすい部位とも言えるでしょう。

ストレスによる円形脱毛症や、頭頂部の薄毛などのキッカケとなることもあります。

 

乱れた食生活による栄養の偏り

インスタント食品やコンビニ食、スナックなどのファーストフード、刺激物や脂肪過多など偏った食生活により栄養不足になることもあります。

栄養バランスが乱れた食生活を続けていると、コレステロールで高脂血症(ドロドロ血)となったり、動脈硬化で血管にも負担がかかります。
頭皮の皮脂が過剰分泌されることもあり、頭皮のベタツキ、かゆみや炎症から頭皮環境が悪化し血液の流れが悪くなることもあるのです。

 

睡眠不足による栄養補給の阻害

髪の成長に必要な栄養素の補給は、頭皮の血流が増える就寝中とされています。

睡眠不足のときは血流が悪くなっているので、毛根への栄養補給がスムーズでは無くなり、更なる頭皮の血行不良を招く悪循環と言われています。
十分な睡眠時間と質のいい眠りにより、血流改善をすることが必要です。

 

タバコや刺激物などの嗜好品による血行不良

喫煙習慣がある場合は、タバコの有害物質によって全身の血管が収縮しやすく、頭皮の毛細血管が詰まりやすいなど、血行不良になりがちです。
激辛など刺激物の嗜好品なども、タバコと同様に身体の末端(指先・足先・頭頂部など頭皮)から血流を阻害しがちです。
過度なアルコールの飲酒習慣も、免疫力を低下させ血圧が上がったりして血管に負担となり、血流が悪くなるので注意が必要です。

 

肩コリ、首コリ、目の疲れによる血行不良

肩や首に強いコリがあったり、目が疲れていたりして、首筋あたりの血行が悪くなっていることもあります。
最近では、パソコンやスマホなど長時間の使用で目を酷使するケースも多々あり、眼精疲労や疲れ目などで血行が悪くなりがちです。

現代人のほとんどは目の疲労や肩コリがキッカケとなって、頭部への血流が阻害されていて、頭皮の血行不良で薄毛や抜け毛になりやすいと言えます。
意識的にストレッチなどでコリを改善したり、頭皮ケアにて血行促進を心がけることが大切です。

 

頭皮環境の悪化による血行不良

シャンプーなどの外的要因や、ホルモンの影響などによって頭皮の皮脂が過剰分泌されてベタついたり、細菌感染などで頭皮湿疹や炎症化し頭皮環境が悪化することがあります。
皮脂で毛穴が詰まったり、乾燥して頭皮かゆみが発生し大量にフケがでたりして、頭皮の毛根トラブルとなり血行不良に至るケースも少なくありません、
頭皮環境の改善をすることも、頭皮の血流には大切なポイントです。

 

血行不良を生活習慣の中で改善する方法

頭皮の血行不良を、日々の生活習慣から改善する方法をまとめました。

 

入浴法を改善する

頭皮だけに限らず、身体の血行を促進するには、入浴方法を見直してみることがオススメです。
まずはシャワーだけという入浴習慣は改めて、湯船に毎日しっかり浸かるようにしましょう。
湯船でしっかり温まってから、冷水シャワーで身体を冷まし、また湯船に入るという、交互に温まり冷やしたりを繰り返す「温冷水浴」も血流改善に効果があります。

時間が許すなら「半身浴」でじっくり汗をかくのも、良いでしょう。
ゆっくり入浴することで、むくみ改善とリラクゼーション効果、さらに全身の血行をスムーズにする促進できます。

 

運動習慣を改善する

全身の血行を改善して、頭皮の血の巡りも良くするためには、適度な運動やストレッチが良いでしょう。
ハードなジム通いなどで無く、ジョギングやウォーキング程度の軽い運動習慣でも、全身の血流を促すことが十分に可能になります。

全身運動の後に、身体を伸ばすようなストレッチを取り入れると、身体もスッキリしますし、頭皮の血行も良くなります。
肩コリ・首コリなどで頭部への血流が阻害されているケースも多いので、コリを解消するためのストレッチも効果的なのです。
オフィスなどでのデスクワークの際の姿勢に注意して、随時ストレッチすることも忘れないでください。

 

高カロリー高脂肪の食事を控える

血流改善のためには、栄養バランスのとれた食事が大切です。
ファーストフードやコンビニ食などは糖質や脂肪分が多くバランスが偏っているケースが多いので、コレステロールが高くなり高脂血症(血液ドロドロ)にもなりやすいので注意が必要です。

 

ビタミン類や亜鉛などの摂取

ビタミンEは血行促進と血液サラサラ効果がありますし、ビタミンB2やB6は毛母細胞の細胞分裂を活発にする作用もあります。
亜鉛はタンパク質から髪を作り出すサポートをします。
もちろん牛肉など良質なタンパク質の摂取も、毛髪の成長には欠かせないですね。

 

香辛料などの摂取

唐辛子に含まれるカプサイシンは、体温を上げ血流改善作用があります。
山椒にも、新陳代謝補活発にして全身の血行を促すとされていますので、頭皮の血流促進も期待できます。
ただし香辛料の摂り過ぎは胃腸にも刺激物となりやすいので、注意も必要です。

 

規則正しい生活を心がける

は、血行を悪くしますので改善しましょう。
忙しくて睡眠不足だと顔色が悪かったりするのは、血管が収縮して血液の流れが悪くなっているためです。

質の良い睡眠を十分にとり、ぐっすり眠ることが血流改善にも良いとされ、成長ホルモンや成長因子の分泌なども期待できます。
毎日の規則正しい生活習慣が、頭皮にも、美容的にも、大切ですよね。

健康食品としてのプラセンタ(成長因子)

プラセンタは細胞を活性化する成長因子として、アンチエイジングや美容的にも注目されていますね。
細胞を元気にする様々な栄養素が豊富に含まれていて、毛母細胞を増殖して頭皮の代謝も促し、育毛にも効果的なのです。

頭皮の毛細血管の血行を改善して、毛母細胞や毛乳頭細胞に栄養や酸素を送る作用を促進してくれます。
活性酸素の抑制作用、自律神経の調整やストレス緩和作用も期待できるので、血行促進とともに薄毛予防も期待できるのです。
馬プラセンタのサプリメントなどが、抜け毛予防に効果的という口コミも多々ありますね。

 

頭皮の血流を直接改善する方法

頭皮の血流を改善するには、生活習慣の改善とともに、直接頭皮に働きかける方法もあります。
美容院やエステサロンなどで、ヘッドスパやスカルプケアを受けたことがある人も多いかもしれません。
さまざまな頭皮の血流を直接改善する方法をまとめました。

 

頭皮マッサージ

頭皮が固くなっている自覚のある人は、まずは頭皮を揉み解すことから始めてみましょう。
育毛のためにとブラシで頭皮を強く叩いている男性も居ますが、頭皮を傷つけるような強い刺激は悪影響となります。

美容師さんにヘッドスパで頭皮マッサージをして貰うときのように、シャンプーの際は指の腹でじっくり頭皮を動かす感覚で揉んでみてください。
シリコン製のシャンプーブラシ等を利用して頭皮を揉みつつシャンプーするのも、毛穴もスッキリして血流アップ効果が高いので、オススメですよ。

 

簡単に血行促進できる「髪様シャンプー」

頭皮を簡単にキレイに出来ちゃう「髪様シャンプー」という方法を知っていますか?
「髪様シャンプー」は、シャンプーと共に頭皮のマッサージを行う方法です。

そのメリットは下記になります。

・抜けやすい新生毛に負荷をかけない
・頭皮の皮脂や汚れを落とせる。
・頭皮のマッサージで血流促進

そして気になる効果は、髪様シャンプーの方法を紹介している先生の髪を見れば、一目瞭然です!

 

炭酸ヘッドスパ

美容院などで人気の炭酸ヘッドスパは、炭酸水を使って頭皮の皮脂や汚れを洗い流し、マッサージ効果で頭皮環境を整えます。
頭皮の血行促進にも効果的ですし、臭いやかゆみもスッキリ改善すると言われています。

自宅での炭酸水でのヘッドスパを試みる人も多いようですが、定期的にプロの美容師さんによる炭酸ヘッドスパでゆったりと贅沢な時間を過ごしつつ、美髪をキープしている美魔女候補も少なくないようです。

 

育毛カクテル

血流改善効果のある「ミノキシジル」を中心に、さまざまな育毛成分(成長因子、各種ビタミンなど)を配合した液体「育毛カクテル」を頭皮に直接注入する治療法があります。
薄毛治療のAGAクリニックで処方され、クリニックにより育毛カクテルの成分や配合は異なります。

 

血流改善ガス治療

薄毛治療クリニックによる治療方法として、内側から血流を改善する「血流改善ガス治療」があります。
頭皮マッサージは頭皮の外側からの刺激によるマッサージ効果ですが、血流改善ガスを頭皮に注入し、血管拡張作用で頭皮の内側から血流を改善する治療法です。
マッサージや育毛剤とは異なり内側から直接アプローチする治療なので、より高い頭皮の血流増加効果と発毛作用が期待でき、高価ですが効果も高い治療方法です。

 

頭皮の血行促進は毎日続けることがポイント~育毛剤のススメ~

頭皮の血流アップのためには、血行促進成分が配合された育毛剤を補助的に使っていくのも良いでしょう。

 

スプレータイプ『薬用ハリモア』

ハリモアには、有効成分「センブリエキス」「ニンジンエキス」が配合されていて、血行促進・脱毛予防・抗菌・抗酸化作用・保湿効果などもあります。
抜け毛予防に効果のあるニンジンエキスが嬉しいですね。

ハリモアについての記事やレビュー記事はこちら
ハリモアの詳細はこちら

 

ノズル式『マイナチュレ育毛剤』

無添加育毛剤マイナチュレは、有効成分「センブリエキス」の他に、多くの天然由来成分が配合されています。
女性の髪の成長期や休止期など、毛髪サイクルを整える育毛剤として人気です。

マイナチュレについての記事やレビュー記事はこちら
マイナチュレの詳細はこちら

 

頭皮の血行不良を改善した方・改善方法を実践した方の声

頭皮の血行不良の改善方法を実践して、抜け毛や美髪に効果を実感した人たちの体験談を紹介しておきます。

 

入浴方法を見直した女性

40代になり髪のボリュームが減り、艶が無くなったり、うねりが気になっていました。
忙しさにかまけて、ゆっくり入浴する習慣が無かったのですが、冷えやむくみ改善も期待して週末はじっくり半身浴したり、シャンプーブラシで頭皮マッサージをしつつ洗髪したりと、毎日の入浴タイムを見直してみました。
シャンプーブラシを使うとネイルしていても頭皮マッサージが可能ですし、毛穴がスッキリして頭皮が気持ちいいのです。
寝つきが良くなったのもあり朝の目覚めもスッキリ、肌状態もよいのですが、なにより髪の根元の立ち上がりが違ってきました。

 

定期的な運動習慣とヘッドスパに通う女性

長年のサーフィンで紫外線にさらされた髪はかなり傷んでしましたが、頭皮環境も悪くなっていたようです。
出産後は運動しなくなっていたので太ったのもありますが、ストレスで円形脱毛症にもなってしまいました。
駅やオフィスでは階段を利用するようにして、軽い筋トレを欠かさず実施するようにしたら、緩んでいた筋肉も少し戻って冷えも改善してきました。
ヘッドスパにも定期的に通って頭皮ケアも続けていますが、カチカチだった頭皮が柔らかくなってきたのを実感できるようになりました。

 

育毛剤を活用して抜け毛予防と毛髪サイクルを整えた女性

もともと髪の毛にコシが無く、ペタンとなりがちでしたが、年齢とともに抜け毛も増えて薄くなってきました。
タバコを止めて、デスクワークで肩コリがひどいので、ストレッチしたりと血の巡りにも注意しつつ、頭皮マッサージに育毛剤を利用してみました。
すぐにワサワサ生える訳ではないですが、気長に半年くらい使っていると確かに抜ける量が減った気がします。
髪の1本ずつが元気になっている感覚で、髪の毛にハリがでて、艶が良くなり美髪効果はあるようです。

 

 

抜け毛を進行させないためには、頭皮の血行不良を改善する対策が大切です。
毎日の生活習慣の改善と頭皮環境を整えるケアで、抜け毛を予防して若々しい美髪をキープしたいものですね。

 

女性育毛剤ランキング内、人気の記事トップ3!

薬用ハリモアの口コミ

30代後半~40代前半女性に人気!スプレータイプで使いすぎを防げます。成分も含めて徹底レビュー!

ベルタ育毛剤の口コミ

秋野暢子さんも愛用するベルタ育毛剤。育毛剤に加え頭皮クレンジングのレビューもありますよ!

マイナチュレの口コミ

女性用育毛剤の王道!動物性成分なしの無添加育毛剤です。レビューや他育毛剤との比較もアリ!